FC2ブログ

備讃瀬戸の撮影日記

管理人の備讃瀬戸が撮影した鉄道・風景写真を主にアップしています。

4/23~4/25 撮影録(岩手・秋田にて) その2  

「その1」の続きです。

男鹿線のキハ40系(「その1」に引き続き秋田にて)。男鹿線ではEV-E801系も2017年に運行を開始したものの、現状では1編成しかなく、キハ40系がまだまだ主流。
iwakita (73)

↑の側面にはなまはげのエンブレム付き。(ちなみに男鹿線の愛称は「男鹿なまはげライン」)
iwakita (74)

先ほどのキハ40系と、DE10けん引の貨物列車。
iwakita (75)

別の方向から。
iwakita (76)

いなほ8号。秋田発着のいなほは1日3往復のみ。(大半が酒田での折り返し)
iwakita (77)

五能線クルージングトレイン3号。初代「青池」編成(※)が使用され、五能線を経由して弘前まで運転される。(五能線両端の東能代・川部ではそれぞれ方向転換)
iwakita (83)

※1997年の登場当初は4両編成だったが、2代目の登場後、2011年に2両編成に短縮となった。

↑の側面部。窓がかなり大きい。
iwakita (84)

秋田駅のこ線橋には五能線のジオラマも展示されている。(クリックで拡大)
(右上)秋田駅周辺部。(左下)沿岸部の風景。(右下)五所川原駅周辺部。
iwakita (81)

D51-554の5分の1ミニチュアと、客車を使用した撮影席。
iwakita (85)

↑の横には実車の煙室戸も。
iwakita (86)

秋田新幹線(11・12番のりば)は在来線の7・8番のりばとひとつながりのホームとなっている。
iwakita (82)

ホーム上には改札口がある(上)。また、秋田新幹線は7・8番のりば側と線路の幅が異なるため、ホームの間には車止めが設置されている(下)。
iwakita (87)
iwakita (88)

岩手・秋田の2県を訪問してみて、新幹線はE5系・E6系といった新型車両が主流となり、一昔前のイメージとだいぶ変わったと感じました。一方、在来線では他県でもおなじみの車両に出会えたかなと思います。(例:701系→2011年に福島で、E653系・キハ100系など→2014年と2017年に新潟で)

おまけ:出張初日、多度津駅には443系検測車がお目見え。
交直流両用の国鉄型検測車で、その四国乗り入れはかなりレアなことではなかろうかと…
iwakita (1)
iwakita (2)
スポンサーサイト

Posted on 2019/05/20 Mon. 17:16 [edit]

category: 撮り鉄

thread: 鉄道写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

4/23~4/25 撮影録(岩手・秋田にて) その1  

先月、2泊3日で岩手と秋田へ出張に行ってきた際の撮影分です。今回の行き先は初めての県ばかりですが、中には他の地域(福島・新潟など)でお目にかかったことのある車両も見受けられます。
<撮影日:2019年4月23日~25日>

参考までに今回の経路
23日:香川-(JR)→岡山-(新幹線)→大阪-(空路)→仙台-(新幹線)→一関
24日:一関-(新幹線)→秋田
25日:秋田-(空路)→大阪-(新幹線)→岡山-(JR)→香川
※この先、「一関」と「一ノ関」の2つの表記が出てくるが、前者が市名、後者が駅名。

1~2日目の滞在先は岩手県南部の一関。一関図書館にはC58-103も展示されている。
iwakita (17)

大船渡線のキハ100系(一ノ関にて)。大船渡線には「ドラゴンレール」の愛称があり、車体側面にはエンブレムも付いている(左下)。
iwakita (18)

東北線の701系。普通列車はちょうどここが運行系統の分かれ目で、仙台方面(上)と盛岡方面(下)とでカラーリングが異なる。
iwakita (19)
iwakita (20)

貨物列車(平泉にて)。先頭の機関車(2両編成)は「金太郎」ことEH500。このあたりでは普通列車が1時間に1本程度となるが、貨物列車もそれと同程度の本数。
iwakita (50)

新幹線の並び(盛岡にて)。手前がE3系、奥2本がE5系。
盛岡では新幹線の異種混結が頻繁に見られ、はやぶさ・こまちの連結・切り離しも行われる。
なお、盛岡にやってくる新幹線は最長17両編成。(はやぶさ10両+こまち7両)
iwakita (54)

↑の反対側。
iwakita (55)

E3系側の末端部。一昔前はE3系=こまち、というイメージだったが、こまちはE6系に置き換わり、E3系は現在E5系の付属編成として使用されている。
iwakita (57)

E3系+E5系がやまびこ50号として出発していったところでE5系を編成撮り。
iwakita (58)

東北方面発着の新幹線車両には「TOHOKU JAPAN」のエンブレム付き。
iwakita (56)

E6系(秋田にて)。E3系に代わり、現在では秋田新幹線の主役。
iwakita (71)

↑の側面エンブレム。(ちなみに、これとは別に前述の「TOHOKU JAPAN」のエンブレムもある)
iwakita (65)

秋田地区の701系。
iwakita (72)

「その2」に続きます。

Posted on 2019/05/17 Fri. 20:52 [edit]

category: 撮り鉄

thread: 鉄道写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

奈良研修旅行 その2  

「その1」の続きです。「その2」は旅行2日目の後半(4月14日)です。

写経の後は、現在修復工事が行われている東塔の見学。

大講堂。薬師寺の境内で最大の建物。
DSCN1014.jpg

↑から振り返ると、奥に改修工事中の東塔がある。
DSCN1020.jpg

今回、現地案内の方のお計らいで東塔内部を特別に見せていただけることに。
(画像はなし。撮影はOKだが、ここをはじめとするSNSへのアップはご遠慮願いたいとのこと)

外部には改修事業の写真展示。
DSCN1017.jpg

金堂。東塔に隣接し、ご本尊の薬師三尊像が安置されている。
東塔から下りてきてこの前で記念撮影を行う。
DSCN1018.jpg

昼食は薬師寺近くの食堂にて。とろろ汁・五穀飯などの郷土料理をいただく。
DSCN1021.jpg

食後は解散とし、それぞれの行程に入る。
(後で聞くところでは、奈良の市街へ向かい、東大寺や奈良公園の観光をされた方も)

「その1」で触れたが、西ノ京駅が近くということでここからの帰路に就く。
DSCN1010.jpg

近鉄特急で京都へ行き、新幹線に乗り継ぐ。
DSCN1034.jpg

今回、京都までの指定席はビスタカーで、2階建ての中間車がそれ。
DSCN1025.jpg
DSCN1031.jpg

西ノ京13:50-(特急京都行き)→14:26京都

ビスタカーのデッキ。車体の中間にドアがあり、外から見て左右それぞれに1階へ下りる階段と2回へ上がる階段がある。
DSCN1029.jpg

ビスタカー室内。2階席のため高い位置からの車窓となる。
DSCN1027.jpg

京都14:49-(新幹線のぞみ33号)→15:50岡山16:05-(特急南風17号)→16:52多度津

今回ご案内いただいた場所は、修学旅行などで定番のスポットとも違って目新しく感じられました。ご案内いただいた現地の方々、ご一緒させていただいた皆さん、大変ありがとうございました。

おまけ:多度津駅に設置された、讃岐鉄道開業130周年の看板。多度津駅も讃岐鉄道の駅としての開業から今年で130年となる。(JR四国で最古の駅の1つ)
DSCN0989.jpg

Posted on 2019/05/13 Mon. 19:07 [edit]

category: 旅行記

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

奈良研修旅行 その1  

先月は奈良への出張の機会がありました。今回はその足で今年全線が開業したおおさか東線に乗車し、奈良市内の観光もさせていただきました。奈良へは数年前に撮り鉄で足を運んだことはあっても、観光となると実に20年ぶり(おそらく親戚の家を訪問して以来)のことです。
<旅行日:2019年4月13日~14日>

「その1」は旅行1日目と2日目の前半(4月13日~14日)です。

-4月13日-

多度津8:50-(特急南風4号)→9:38岡山9:45-(新幹線のぞみ152号)→10:31新大阪

新大阪からはおおさか東線に乗車。
新大阪~放出間(うち鴫野~放出間は片町線と重複)は今年の新規開業区間。
DSCN0994.jpg

使用車両は基本的に201系。
DSCN0992.jpg

新大阪10:48-(普通久宝寺行き)→11:24久宝寺

片町線と合流し、放出~久宝寺間は2008年の開業区間。おおさか東線の全線開業に先立つ去年、JR長瀬~新加美間には衣摺加美北駅も新設された。
DSCN0995.jpg

新大阪から40分弱で終点・久宝寺。各駅停車なのと放出での停車時間が長いことから、大阪まで行ってそこから大和路快速、の場合よりむしろ余分に時間がかかる。(距離的にも1.7kmの短縮に過ぎない)
DSCN0996.jpg

ともあれ、久宝寺からは大和路快速にて目的地の奈良へ。
久宝寺11:36-(大和路快速)→12:03奈良

奈良駅へは6年ぶりに降り立つが、普通列車を中心に運用や塗色の変化が見受けられる。
(上)京都行き205系、(下)青緑一色となった桜井線105系。
DSCN0998.jpg
DSCN1000.jpg

◎ちなみに紀勢線・和歌山線・桜井線の105系置き換えを目的に227系1000番台が今年から営業運転に就いたが、桜井線での運用開始はもうしばらく先の見込み。

奈良駅にて1時間ほど列車観察をしたところで、会の時間が近づいてきたので会場へ向かう。
会の後半では興福寺の職員氏によるご講話もお聴かせいただいた。

-4月14日-

2日目の出発は近鉄奈良駅前から。(こちらの方が会場・ホテルへは近い)
…と言いつつ、目的地の薬師寺までは車での移動。
DSCN1006.jpg

市内のホテルには、鹿の保護を目的に募金ボタンを設置した自販機もある。
(クリックで拡大。募金額は10円または50円)
DSCN1007.jpg

他の参加メンバーとも合流しつつ、10時に薬師寺到着。
ここは近鉄西ノ京駅からほど近く、駐車場が駅前に整備されている。(クリックで拡大)
DSCN1009.jpg

玄奘(げんじょう)三蔵院伽藍。
唐の僧侶・玄奘(=西遊記でもおなじみの三蔵法師)の遺骨がまつられている。
DSCN1011.jpg

↑の手前右手には本坊寺務所。こちらではメイン活動である写経を行う。
(寺務所の奥が写経道場)
DSCN1012.jpg

半紙の下に手本を敷いて上からなぞっていくというやり方だが、その割には時間がかかって所々心の乱れも出ている…(クリックで拡大)
DSCN1035.jpg

写経はある程度の時間で切り上げて後は持ち帰り。速い人だと9割方仕上がったという話も。

「その2」に続きます。

Posted on 2019/05/09 Thu. 18:00 [edit]

category: 旅行記

thread: 国内旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

<海外>3/29 撮影録(イタリア・ヴェネチアにて) その2  

「その1」の続きです。

「その1」とはまた別の普通列車の並び。
italy3 (63)

特急列車と普通列車。
italy3 (64)

↑の2枚を1枚にまとめて4ショット。
このホームをはさんで左側2列車が1枚目、右側2列車が2枚目。
italy3 (65)

特急列車の並び。ここまでに登場した特急列車とはまた別タイプ。
italy3 (58)

右側の特急列車の先頭車両は機関車なのか、側面に窓がない。
(特急列車にも、機関車+客車といった動力方式の採用が見受けられる)
italy3 (70)

↑の側面部。
italy3 (68)
italy3 (69)

普通列車と特急列車、再び。
italy3 (67)

2階建ての普通列車。
italy3 (71)

ターミナル駅ということもあり、留置線にも多くの車両が見られる。
italy3 (73)

特急列車の編成撮り。
italy3 (74)

おまけ:駅前の夜景。駅には水上バス乗り場も隣接。
italy3 (55)

イタリアでの撮り鉄が5年ぶりというのもあるかもしれませんが、同国内での過去2回の撮り鉄ともまた違った車両を目にしてくることができたかと思います。また、やはり同じイタリア国内ということで少なからず共通点も見受けられました。(駅の構造はパレルモに似て、行き交う列車はミラノに似た感じ)

Posted on 2019/05/05 Sun. 13:40 [edit]

category: 撮り鉄

thread: 鉄道写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

プロフィール

FC2カウンター

Twitter

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top